自分の知らない自分/ジョハリの窓

〜未知なる自分に出会う方法〜

 自分のことは自分が一番よく知っているつもりでも、実は知らないことがあります。「キミって負けず嫌いだよな〜」などと、性格のことを友人から指摘され、初めて自分がそういう性格だったのかと知ることも多いものです。人に自分のことを教えてもらい、あらたに自分を見つめることもできます。

 下記の図は心理学者ジョーセフとハリーが考案した「ジョハリの窓」と呼ばれているものです。自分の情報を4つに分類して考えます。

A.自分も知って、他人も知っている開放的な自分。
B.自分は知らないで他人が知っている盲点になっている自分。
C.自分は知っていて他人は知らないで隠している自分。
D.自分も他人も知らない未知な自分。

 自分の知らない部分を相手に教わると、矢印のようにBの部分が小さくなっていきます。同様にCの隠している自分を出すとどんどん未知のDが小さくなり、未知の自分が小さくなり、潜在的な自分を知ることができるのです。その結果、Aの開放的な自分は大きくなるのです。